取扱い業務

札幌弁護士HOME > 取扱い業務 > 債務整理

約束した期日までに、サラ金や信販会社等へ返済しなければ、電話による督促は勿論のこと、場合によっては自宅や職場に押しかけてくることもあります。そのような催促から逃れるべく、他者から借りては返すという自転車操業の状態になってしまうと、やがてどこからも借入ができなくなり、行き詰ってしまいます。そのような方は、早急に債務整理(自己破産・個人再生・任意整理)を行うべきです。弁護士が正式に依頼を受け、その旨を弁護士から業者に通知した後は、業者は一切本人に直接連絡を取ってはならないというルールがあり、それにより平穏な生活を取り戻すことができ、生活を再建することができます。

札幌の弁護士|黒川・吉田法律事務所
〒 060-0042 北海道札幌市中央区大通西13丁目4レジディア大通公園2階(旧 パシフィックレジデンス 大通公園)
tel 011-299-1308
Copyright © 2012 Kurokawa and Yoshida Law Office. All Rights Reserved.